1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、アジアの貧困国に対し支援活動をされている

 池間哲郎さんの
 『あなたの夢はなんですか?私の夢は大人になるまで生きることです。』

を紹介します。

【書籍名】
池間哲郎 『あなたの夢はなんですか?私の夢は大人になるまで生きることです。』
致知出版社


【印象に残ったフレーズ】
■フィリピンのスモーキーマウンテンで出会った少女は
  「あなたの夢は何ですか?」
 と聞いた私に、ニコニコと明るい笑顔を浮かべながら答えました。
  「私の夢は大人になるまで生きることです。」

■貧しい国の貧しい地域の子どもたちは、1日1食、朝ご飯だけ。
 それもお塩をかけたご飯だけ。
 こんな粗末な食事しか子どもはとれないので、慢性的な
 栄養不良状態。なのでちょっと風邪をひいても簡単に死んでしまう。

■世界の2割の人が7割の食事を食べてしまう

■1日10時間働いて、たったの50円の収入。

■貧しさのため売られていく娘たちがいます。
 彼女たちが故郷に戻れるのはエイズが発病して
 死んでしまうとき。
  「死んでしまうかもしれないね」
 そう聞いた私に、少女は言いました。
  「お父さんお母さんのためだから、しょうがないよね」

■「ここに学校をつくるよ」と言うと女の子は大声をあげて喜びました。
  「勉強ができる!勉強ができる!」

■ひもじくて苦しいときは、新聞紙などの紙やビニールとかを
 口に詰め込んで噛む。そうすると少しだけ空腹がやわらぐ。

■「私は地雷を踏んで足を失ったことに感謝しています」
 「なぜですか?」と聞くと、こう答えました。
 「足を失ったからこそ、私は真剣に生きることができるようになった。
 だから今の幸せがあるんです。」

ボランティアには大事なことが3つある

 1)理解すること
  貧しさが原因で毎日4万人もの人が死んでいくことを理解してほしい

 2)少しだけ分ける
  優しい心を少しでいいから、一所懸命に生きようとしている
  貧しい子どもたちに分けてほしい

 3)自分自身が一所懸命に生きること
  貧しい子どもたちは、苦難の状況でも一所懸命に生きている
  だから日本の子どもたちが、アジアの貧しい子どもたちから
  一所懸命に生きることの大切さを学んでほしい


【評価】
★★★★★(できることからはじめる)


【感想】
私はこの本を『月刊 致知』で知りました。
http://www.chichi.co.jp/

そしてこの本を読み、池間哲郎氏の活動に賛同し、
少しではありますが金銭的支援をさせて頂いてます。

今まで私があまり気にしてなかった

 ”アジアの影の側面”

を教えてくれた貴重な一冊です。

1人でも多くの方に読んで頂きたいです。
そして賛同されたなら、ぜひとも池間哲郎氏の
活動に支援してあげてください。

【連絡先】
NGOアジアチャイルドサポート 
http://www.okinawa-acs.jp/index.html 
   
スポンサーサイト





前田ミツヤさん、こんばんは!

我々が日常目に触れることのない
世界の貧しい現実を知ると、
考えさせられますね~!

自分ができることは何かを考えることは
必要で大事なことと感じました。

さて、リンクいただきありがとうございました。
こちらもリンクいたしました。
これからもよろしくお願いします。

【2009/04/03 23:04】 URL | エムストーン #-[ 編集]

エムストーンさん

相互リンクありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします!
【2009/04/06 22:38】 URL | ミツヤ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。