1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、セブンイレブンの経営手法について
図解を交えて分かりやすく書いた

 『なぜ、セブン(イレブン)でバイトをすると 
 3ヶ月で経営学を語れるのか?』

を紹介します。

【書籍名】
なぜ、セブン(イレブン)でバイトをすると3ヶ月で経営学を語れるのか?

発行:プレジデント社



【評価】
★★★★ (とても分かりやすい♪)


【感想】
ムック(本と雑誌の中間)なので、文章量も少なく
図解も多いので、非常に読みやすいです。

しかし、書いている内容は非常にタメになるので
あまり本を読まない方でも、結構すらすらと
読めるのではないでしょうか?


【要約】

・競合店の出店はチャンス

・コンビニにとって真の競争相手は、「顧客ニーズ」

・完売するということは、買えない人がいることなので、
 実は良くない

・店と顧客は、実は下のほう(=地下水脈)でつながっている

・できない理由を、できる理由に変換する

・仕事量が多くとも、人を安易に増やしてはいけない

・時間をかければ、より良い仕事ができるわけではない

・富士山型 vs ペンシル型
 ⇒富士山型で対応すると、大量の”機会/廃棄ロス”が生じる

・データをより重視すべき。現場は要所要所で確認すればよい。
 ⇒「森」の中で「木」を見る
 ⇒「マクロ」をみて「ミクロ」に落とし込む

・商売は、感情で動く。顧客心理の把握はとても重要。

・自己差別化と横並び思想

・衝動買いを起こすための仕組みづくり
 ⇒売り場の”フェイス(陳列面)”を広く取る

・アンチABC分析

・データの平均値を鵜呑みにせず、絶対値を見極める

・常に問題意識のフックを数多く持っていると
 情報(獲物)が向かうからやってくる

・悪いニュースは、人を介すると入ってこない。
 重大な真実は「悪い情報」こそ潜む。

・伝言をしてしまうと、イエスがノーで伝わってしまう恐れがある

・マニュアルに頼らず、直接対話を重視することで、現場の強みが生まれる

・対話力は、自分で多くの情報を持つことから始まる

・「仮説」とは「物語」を作ること
 例:なぜ海辺の店でおにぎりが売れるのか?
  ⇒食べやすく、腐りにくいので

・「買い手視点」で問題意識を持つと、真冬に冷やし中華を
 発注することにつながる

・仮説を「機会ロス」の見える化するために立てる

・可能性が7割なら挑戦する
スポンサーサイト




ミツヤ様

コメントありがとうございました。

読んだ気になるブックレビュ-のmercです。

セブンイレブンといえば鈴木敏文氏ですね。

ちょっと古い本ですが「本当のようなウソを見抜く」は面白かったですよ。

よかったらまた遊びにきてください。

よろしくお願いいたします。
【2009/06/18 03:17】 URL | merc #-[ 編集]

mercさま

ご来訪ありがとうございます。
「本当のようなウソを見抜く」ですね。
さっそくチェックしてみます。

また遊びに行かせていただきます。

ミツヤ
【2009/06/28 21:26】 URL | ミツヤ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



「イレブンアイズ クロスオーバー」に関連するブログを新着 10 件表示しています。 イレブンアイズ クロスオーバー【2009/06/17 07:51】
 ありふれた内容で、何も得られなかった。 こんな本を読んで成功できれば苦労はないわな。 そう思って、紙袋に詰め込んだ自己啓発書を 今一度、机の上に取り出して見てください。 そして、私からの手紙を読んでください。気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓あなた... ありあんす【2009/06/24 19:40】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。