1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は私が大好きな本の1冊である
成功哲学書の名著

 デールカーネギー 『人を動かす

を紹介します。


【書籍名】
人を動かす  
 著者:デール・カーネギー 発行:創元社


【評価】
★★★★★ (私に大きな影響を与えた1冊)


【感想】
本書は、成功哲学書/自己啓発書の代表的1冊です。

私は本書を今から15年ほど前に知人の勧めで買いました。

それから10回以上は、読み返していると思います。

ふと何気なく読み返すだけでも、その都度
新たな発見がある名著です。


内容は、タイトルの通り、

 ”どうすれば、他人をうまく動かすことができるか?”

が書かれています。

それまでの私は、人を動かすのは、
大の苦手でした。

しかし、これを読んでからは徐々に、

 ・人との接し方
 ・人の動かし方

のコツが分かってきました。

 ・家族(親・兄弟)
 ・友人
 ・奥さんや旦那さん
 ・お子さん
 ・ビジネス上で関わりのある人

など、自分以外の人と接するのに
有益な情報がたくさん書かれています。

コミュニケーションに悩む皆さんは、
ぜひとも読んでみて下さい。

きっと、あらたな発見ができると思います。
超オススメします!!


【印象に残ったフレーズ】


■我々が他人をやっつけたくなった場合
 「リンカーンならこのような時、どう考えるだろう?」
 と自問自答してみる

■他人を直そうとするより、自分を直した方が早い

■人の悪口を言わず、長所をほめる

■批判・非難をしない。苦情を言わない

人を動かすには、相手の欲しているものを与える

■相手の”自己の重要感”を満たしてあげる

■お世辞は「安価な賞賛」

■深い思いやりから出る感謝の言葉を
 ふりまきながら日々をすごす

■率直で誠実な評価を相手に与える

人を動かすなら、相手の心の中に
 強い欲求を起こさせる

■成功に秘訣があるとすれば、
 他人の立場を理解し、自分の立場と同時に
 他人の立場からも物事が見れる能力

■相手に関心をもってほしければ、
 自分が相手に関心を持つのが良い

■他人に関心を持つ必要がある

■舞台に立つ際、心の中で
 「私はお客様を愛している」と繰り返し唱える

■相手に笑顔で接する

■相手の名前を呼ぶ

■相手の話をよく聞く、聞き上手

■相手の関心のありかを見抜く

■相手を心から褒める

■相手と議論をしない

■相手の誤りを指摘しない

■自分の誤りを素直に認める

■穏やかな口調で話す

■”イエス”と答えれる問いかけを選ぶ

■相手に話をさせる

■相手に思いつかせる

■相手の身になって考える

■相手に同情をする

■まず相手を褒める

■注意を与える際、遠まわしに注意する

■相手に命令をしない

■相手の面子を潰さない

■相手に期待をかける

■相手を激励する

■口やかましく言わない

■あら捜しをしない


■セールスマンが売ろうとしているものが役立つことが
 証明されれば、売りつけなくても買ってくれる。


【備考】
本書と一緒に、以下の音声版を聴くと
より理解度が深まりますよ♪

■<耳で聞く> D・カーネギー 人を動かす ~ オーディオCD版
 

スポンサーサイト

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌




やりたいと思うことをやっている自分を複数想像してごらんなさい。心が明るく、建設的になり、いつかあなたは本当にその通りの人生が歩めるようになります。 名言集【2009/08/31 12:52】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。