1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は私が大好きな本の1冊である
成功哲学書の名著

 デールカーネギー 『道は開ける

を紹介します。


【書籍名】
道は開ける  
 著者:デール・カーネギー 発行:創元社



【評価】
★★★★★ (私もこれで道が開けました!)


【感想】
本書も、前回紹介した『人を動かす』と同様に
今から15年ほど前に買いました。
というのも、私が買ったのは

 『ハンディーカーネギー・ベスト』

というBOXセットで買ったからです。
本書も10回以上は、読み返しています。


本書の内容は、
前回の『人を動かす』が”他人”が対象だったのが
今回の『道は開ける』は”自分”が対象となります。

自分が

 ・どういう心構えで
 ・どう行動すればよいか

が書かれています。

デール・カーネギーの本は、
色んな偉人のエピソードがたくさん書かれており、
具体的で、非常に分かりやすいです。

もし成功哲学書/自己啓発書が好きで
まだ本書を読んでいなければ、ぜひとも
一度は目を通してみてください。

オススメします!! 


【印象に残ったフレーズ】

 

■今日一日の区切りで生きよう
 ⇒未来のことに気を病まない
  今日という日だけに集中しよう

■問題が解決できない時に起こりうる最悪の事態を想定する
 ⇒そして、最悪の事態を受け入れる心構えをする
 ⇒その後、落ち着いて、最悪の事態を好転させる方法を考える

■悩みが自分の健康に影響を与える
 ⇒悩みで若死にする

■この世の悩みの大半は、判断の根拠となる知識が
 充分でないのに、あえて判断を下そうとすることから生じる

■全ての事実を比較検討してから決断せよ
 その後は、行動あるのみ。結果の心配は無用。

■何か問題がある場合、以下を自問する
 ・問題点は何か?
 ・問題の原因は何か?
 ・何通りの解決策があり、それらはどのような方法か?
 ・解決策の中でどれが望ましいか?

■活発に活動することで、くよくよしている状態から
 脱出できる

■些細なことで大騒ぎをしない

■この問題が起きるのはどのくらいの確率かを検討してみる

■避けられない問題は、素直に受け入れよう

■1つの問題に対し、限度を設定しよう。
 その限度を超えた問題は、忘れてしまおう

■過去は忘れよう。

■我々の人生は、我々の人生が作り上げるもの

■敵への仕返しを考えない

■恩知らずを気にしない

■不足している点でなく、恵まれている点を数えてみよう

■「感謝の念」は、”はぐくまれた特性”。
 子供たちに感謝されたければ、自分が子供たちに
 そのような教育をしよう

■他人を嫉妬せず、自己に徹しよう



【備考】
本書と一緒に、以下の音声版を聴くと
より理解度が深まりますよ♪

■<耳で聞く> D・カーネギー 道は開ける ~ オーディオCD版
 
スポンサーサイト

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。