1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は玉元栄作さんの 

 『生きてるだけでなんくるないさ

を紹介します。

【書籍名】
生きてるだけでなんくるないさ  
著者:玉元栄作 発行:リブロアルテ 発売:メディアパル
 


※2011/8/17追記
今年2011年の『24時間テレビ』で
本書がドラマ化されるようです。
(村上信五、田中麗奈、渋谷すばる、イモトアヤコ 他)


【評価】
★★★★ (家族愛の強さを感じました)


【感想】
玉元さんご夫婦とは、「りあるコミュニティ」という
スピーチを発表しあう集まりで初めてお目にかかりました。

私は途中参加だった関係上、私が来る前に
旦那さんがスピーチを終えられたため、残念ながら
スピーチを聴く機会がありませんでした。

ただ、本を書かれたということを聞き、
ぜひお話を知りたいと思い、本を買って
読んでみました。


本の概要としては、玉元栄作さんの
闘病記が綴られてます。

そして病魔の連続に、読んでいるこちらも、
ハラハラドキドキさせられます。

ただ、これだけ何度も難病に襲われているにも
かかわらず、今も果敢に病気と格闘され、そして
命の炎を燃やし続けている玉元さんは
本当に強いなと思いました。

そしてその強さの秘密は、”家族の絆”なのかなと
私は感じました。


この本は、難病を患っている方々に
勇気を与えられる1冊だと思います。

玉元さんには、今後ぜひとも、ご自身の体験を通じ
病気と戦われている多くの方々に勇気を与えて
行って頂きたいです。

これからもがんばってください。
陰ながら応援しております!!


PS:
実は、私の両親もガンを患いました。
父は直腸ガン、母は喉頭ガンです。

それだけに、玉元さんの本を読み、その頃の
両親の闘病時の思い出が蘇り、ちょっぴり
胸が痛くなりました、、、、。


【内容】 ~ Amazonより引用
10万人に一人のガンにかかり、
病魔と闘い一度は完治するも翌年再発。

そばで支え続てくれた彼女と結婚、そして出産。

その後、白血病を宣告され、壮絶な闘病の末に
完治するが、抗ガン剤の多用により重度肺炎に。

以後、入退院を繰り返し、治療法の無い
難病にまで冒され、病魔と闘い続けている。
スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。