1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は私が受講中の『ザ・プロフィール講座』で
講師をして頂く マーク富岡さんの 

 『3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術

を紹介します。

【書籍名】
3000人のユダヤ人にYESと言わせた技術
 著者:マーク富岡 発行:サンマーク出版



【評価】
★★★★ (交渉にもお国柄が出るのですね)


【感想】
現在私は、土井英司さん主催の
『ザ・プロフィール講座』という講座を通じ、
自分の強みが出るプロフィール作りに励んでいます。

そして私の担当講師を、なんとこのマーク富岡さんに
して頂くことになりました!

という訳で、講師の方の著書を事前に読んでおこうと
思った次第です。
URL: http://www.eliesbrand.com/


この本自体は、当初から知っていましたが、
私はあまり交渉ごとに関係がない(関心がない)ので
読書対象から離れていました。

しかし、今回読んでみて、交渉に関心のない
私でもたくさん学びがありました。

特にマーク富岡さんがマイヤー氏からの学んだ事柄は、
私にとっても非常に参考になりました。

この教えは、ユダヤ人だけでなく、日本人にも
そして人と接する人なら誰でも役立つ内容と思います。

早速、私も仕事の時にこれらの学びを
実践してみます!

マーク富岡さん、貴重なお話をどうもありがとうございます。


【印象に残った文章】

ユダヤ人 マイヤー氏の教え

 ・交渉の前に、自分の笑い話を先にする
 ・会議で席を取る際、三角ポジションになるように座る
 ・白板にアジェンダ(議題)を書き、ここに書き込むことで
  議事録代わりになる
 ・相手に先に話をし、話の内容を整理する
 ・「事実」と「自分の意見」を分類する
 ・数字を盛り込んで話をする
 ・自分が有利な場所で交渉をする
 ・身なりをきちんとする (服装、かばん、ペンなどの文房具)


■人種によって交渉のスタイルが異なる

 アメリカ人: スマートで威圧的な話し方で一気に主導権を握る
 イタリア人: 場の雰囲気を盛り上げる
 スペイン人: ワイン・食事・会話で打ち解ける
 アラブ人: アラブ人に気に入ってもらう。 (アラブ人は高圧的な人を嫌う)
 韓国人: 模倣をオリジナルにしてしまう
 インド人: 論理を駆使した質問攻めで相手を疲れさせ、承諾させる
 ドイツ人: たとえ間違いでもそのまま主張を続ける


■交渉の「目的」と「ゴール」をはっきりさせる

■交渉の「妥協点」を明確にする

■相手が最後に迷っていたら、立ち上がって握手をする

■自分がしてほしいことを、先に相手にしてあげる

■お互いの代替案を見出す

■”聞き上手”は日本人の得意技

■”WIN-WIN質問力”で本音を引き出す

■”売られたケンカ”はすぐに買わない

■ビジネスだけでない関係性を作る

■WIN-WIN(お互いにとってメリットのある状態) がとても重要!
   
スポンサーサイト




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/05 09:37】 | #[ 編集]

ありがとうございます。
確認しました。
今後ともよろしくお願いします。

前田ミツヤ

> こんにちは
>
> 相互リンクの件、ありがとうございます。
> 私のブログからもリンクを貼らせて頂きました。
>
> よろしくお願いします^^
【2009/09/08 13:21】 URL | ミツヤ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。