1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、「おくりびと」や「料理の鉄人」で有名な
脚本家・構成作家 小山薫堂氏の

 考えないヒント

を紹介します。


【書籍名】
考えないヒント アイデアはこうして生まれる
著者:小山薫堂 発行:幻冬舎



【評価】
★★★★★ (発想源の宝庫!)


【感想】
この本は、平秀信さんからプレゼントされた1冊です。
http://dokurepo.blog37.fc2.com/blog-entry-39.html

あいにく私はこの方を知りませんでしたが、
平秀信さんが注目されているので、
読んでみました。

すると、”新たな気づき”が多すぎて
超ビックリ!!!!

これは、スゴイ!
アイデアの”大噴火”です!!

あと、小山薫堂さんの人柄もにじんでいて
非常に面白かったです。

もしアイデア発想法に興味があるのでしたら
ぜひぜひ読んでみてください♪


【要約】


■努力からアイデアは生まれない
■自分で勝手に、どこかの会社向けの企画提案をし、トレーニングを積む
■自分が選ぶ道は、どんな状態でも”最善の道”と考える
■極力お金をかけずに広告する
 →「百年ライスカレー」の利用
■自分で自分を第三者にする方法
 →都内に住んでいても、あえてホテルに泊まる
小山薫堂さんにとって、仕事とは「志事」や「私事」。
 なので仕事でプレッシャーを感じない
アイデアは、突如わいてくる(神が降りてくる)
■煮詰まったときは、「稲荷神社」にお参りする
アイデアを書き留めるのは、
 『イタリア ピネッティ社の大判ノート』 ※ここに平秀信さんは線を引いていた!
 そして『エルメスのペンケース』にペンを入れておく
■ポケットに常にメモを忍ばせ、書き溜める
■隣の席の人の会話に聞き耳を立て、そこからアイデアを頂く
■忙しい状態で遊ぶと、楽しくなるる
小山薫堂さんのお父さんは、幼少の薫堂さんに3000万円を運ばせた!?
■「当たり前」をリセットする
■最後の決め手は、”面白いかどうか”
■企画書の最初の1文は超重要!「かましの1行」
■リュージミュージック(REUGE MUSIC)社の
 シンギングバードのオルゴールは、超高いが
 クリエイティブには最高の1品!!
■『漆芸中島』のお箸は、こんにゃくもつかめる!
■新しい仕事を始める3つの条件
 1)それは誰かがやっていないか?
 2)それは誰かを幸せにするか?
 3)それは自分にとっておもしろいか?
■仕事をする際のポイント
 1)自分の実績を分かってもらえるような「名刺になる仕事」
 2)「お金をもらうための仕事」
■日本一仕事を楽しんでいるタクシー運転手
 ⇒真空管のアンプを積んだジャズタクシー
  http://homepage2.nifty.com/jazztaxi/
■面白い人は、面白い人を連れてくる
■満たされてしまうと、アイデアはひらめかない
■生き残るのは、ブレない人
マーケティングより皮膚感覚
■覚える力より「忘れる力」のほうが、ずっと大切
■「偶然力」を生かす
■すべては「未来への貯金」と思え
■自腹を切って自己PRをする
 ⇒毎年同じ番号の馬券を10万円分買う
小山薫堂さんのおすすめスポット
 ・銭湯 (北区 稲荷湯)
 ・ピザ (巣鴨 PIZZA アッシャモ)
 ・激辛カレー (巣鴨 大沢食堂)
■眠っているシナプスに水をやる
■書斎は狭いほど良い
■努力は、人が寝ている時間にしろ!
■無理してポルシェを買って、新たな世界観と人脈を築く
■京都を観光して「ワインの金平糖」を作る
 ⇒緑寿庵 清水 http://www.konpeito.co.jp/
■全部自分で考えなくても良い
■最終地点がどこにあるかを見極めない限り、良いアイデアは生まれない
■優先順位は常に入れ替える


【参考】

■ピネッティ社のノート

⇒『ピネティ ノート』を楽天で探す


■エルメスのペンケース

⇒『エルメス ペンケース』を楽天で探す



■漆芸中島 お箸
漆芸中島の八角箸
⇒『漆 箸』を楽天で探す

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。