1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、ビートたけしさんの

 『ビートたけし詩集 僕は馬鹿になった。』

を紹介します。


【書籍名】
ビートたけし詩集 僕は馬鹿になった。
著者:ビートたけし 発行:祥伝社



【評価】
★★★ (たけしさんは、非常にやさしい心の持ち主ですね)


【感想】
本書は、平秀信さんから頂いた
大量の本のうちの1冊です。

内容としては、ビートたけしさんの
(心の中の)独り言を書き示したものです。

題材は、「女性」「お母さん」「友人」というように

 ”好きな人”

について書かれたものが多いです。

テレビでは、
いつもふざけた格好をして面白いことを言い

映画では、
残忍な描写で人間模様を描いていますが

本書では、
非常に繊細なオトコの心情を吐露しています。


特に、「お母さん」について書かれた詩は
”母への深い愛情”がにじみ出て、

 「芸人:ビートたけし」でもなく
 「映画監督:北野武」でもない

違った側面が非常に強く感じ取れました。


もし、ビートたけしさんの”心の中”を
覗きたいのなら、ぜひ目を通してみてください。

あなたの知らないビートたけしさんが
そこにはいるかもしれません?!


■■■『ビートたけし』関連の商品をYahoo!オークションより探す■■■
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。