1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、永江朗さんの

 『聞き上手は一日にしてならず』

を紹介します。


【書籍名】
聞き上手は一日にしてならず
著者:永江朗 発行:新潮社



【評価】
★★★★(「話し上手」は「聞き上手」なんですね~。)


【感想】
この本は、各著名人に対し、

 『話を聞く』

をテーマにした対談の内容が書かれています。

対談相手は、

 黒柳徹子、 田原総一朗、 ジョン・カビラ
 糸井重里、河合隼雄、松永真理

といった錚々たるメンバーです。

ただ彼らは、聞き上手かもしれませんが
同時に話し上手という印象の方が強いです。

もしかすると、聞き上手な人は

 話をじっくり聞くので、適切な回答ができるから
 話し上手に思われる

のかもしれません。


もし、話をするのが苦手な人は、まず

 ”話をじっくり聞く”

ことから始めたらいいかもしれませんね。

本書は、そんなことを気付かせてくれる本です。


■■■『糸井重里』関連の商品をYahoo!オークションより探す■■■
■■■『黒柳徹子』関連の商品をYahoo!オークションより探す■■■



【気になったフレーズ】

■黒柳徹子さん

 ・どんな相手でも言葉遣いは丁寧に。

 ・相手が話している内容を、自分の中で
  映像化しながら話を聞く

 ・人には必ず他人に話してみたいと思う話がある。
  そして人には必ず聞いてみたい話がある。 


田原総一朗さん

 ・自分が知らないことは、トコトン聞く

 ・相手にほれ込んで、トコトン聞く

 ・相手が言いたいことを、どう引き出すか


ジョン・カビラさん

 ・「自分の思い」は声に表れる

 ・インタビューをする際、リスナーの側に立って
  驚き、面白がるようにする

 ・相手を気持ちよく話をしてもらうよう配慮する 


■糸井重里さん

 ・「言葉は怖い」ものだということを忘れない

 ・答えは既に相手の心の中にある

 ・そこにいない人の悪口を言わない


河合隼雄先生

 ・とにかく相手の話を聞く。
  助言や忠告はしない。

 ・誘導になるような聞き方はしない

 ・リアクションは自然に

 ・魂を聞く(=相手の本心を知ろうとする)

スポンサーサイト



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。