1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、朗読松丸春生さんの

 朗読 声の贈りもの 
  ~ 日本語をもっと楽しむために

を紹介します。

【書籍名】
朗読 声の贈りもの 日本語をもっと楽しむために
著者:松丸春生 発行:平凡社新書



【感想】
現在、パブリックスピーキングをする際の
表現力をつけるために、
蔭山洋介先生のご指導の下

 ”朗読法”

を学んでいます。

そこで朗読法の知識を深めるべく、
本書を選んだ次第です。

本書では、

 ・朗読を深く理解する
 ・朗読の仕方

が分かりやすく書かれています。


私は1歳の子供を持つ父親ですので
頻繁に絵本の読み聞かせをしています。

その際に役立ちそうな知識が
たくさん書かれています。

もし私と同じように絵本を読む機会が
ある方でしたら、ぜひご一読ください。

きっと参考になると思いますよ♩


【目次】
プロローグ ~ 透きとおった、まろやかなもの 

第一部 朗読をより深く理解するために
 1.子どもがたどる生命の四十億年
 2.地上に声が響くまで
 3.声がことばになるまで
 4.声のことばが詩になるまで
 5.声のことばが文字のことばになったのち

第二部 さまざまな作品を朗読する
 1.童話を朗読する
   ◇新美南吉 「でんでんむしのかなしみ」
 2.詩を朗読する
   ◇与謝蕪村 「北寿老仙をいたむ」
   ◇井上靖 「友」
   ◇三好達治 「甃のうへ」
 3.小説を朗読する
   ◇太宰治 「走れメロス」
 4.声の世界あれこれ
  1)落語―古今亭志ん生「黄金餅」より
  2)劇のせりふ―シェイクスピア「ハムレット」より
  3)映画のせりふ―映画「男はつらいよ」シリーズより
  4)吹き替えのせりふ―映画「タイタニック」より
  5)マンガのせりふ―いしいひさいち「ののちゃん」より
  6)鑑賞のための朗読―俳句
  7)心にふれるための朗読―ゴッホの手紙
 5.物語を朗読する
   ◇サン・テグジュペリ「小さな王子」(朗読のための新訳)

第三部 日本語をもっと楽しむために
 1.声のことばに自覚的な書き手
 2.これからの「朗読法」
 3.子どもたちの「生きる力」のために
 4.文字の奥の<声>を聞く
   ◇宮沢賢治 「雨ニモマケズ」
 5.心の中に朗読を
   ◇斎藤隆介 「死神どんぶら」

エピローグ ~ 声の贈りもの


【気になったフレーズ】

・子供は歌うように喋る。
 けど大人になると歌わなくなる(平坦)。

・誰もが良い声を持っている

・「間」は人によって時間の長さが違う

朗読は「時間芸術」

・最良な朗読が生まれてくる3つの条件
 1)声にのせて届けたいとっておきの作品がある
 2)それをどうしても贈りたい大切な相手がいる
 3)その相手の方でも朗読を聞くのを楽しみにしている

・文字の奥の”声”を聞く

・声のニュアンスを文字で書く

朗読対象となる本の世界(文章)をイメージする

朗読のための基準項目
 1)想像できるかできないか?
 2)正しくイメージできるかどうか?
 3)文字の奥の”声”を過不足なく聞いたか?
 4)聞こえない”声”を聞こえないものとして認識したか?

朗読における”間”は視覚にじかに訴えるものでなく
 想像力の五感に働きかける

・「話す」とは、声で書くこと(描くこと)
・「聞く」とは、声を読むこと
・「読む」とは、文字の奥の”声”を聞くこと
・「書く」とは、心の”声”を文字で話すこと

・「書き手」の心の中の”音読”
 「読み手」の心の中の”音読”

・「書き手」の心の中にあったであろう
  ”声”を聞こうと努める。
  これが分からないと、良い朗読はできない。

・「ことば」とは、”声の贈りもの”

・言葉に先行して”心”がある

・朗読は、作者の心から生まれたものを
 聞き手の聞く力や心の力や想像力で
 幾層倍かに大きくしてもらう活動のこと

・声で”書き”、声を”読み”合うことは、
 何よりの「声の贈りもの」
スポンサーサイト

テーマ:読書感想 - ジャンル:本・雑誌



















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。