1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、少しお固く

 国際標準化入門 やさしいシリーズ12

を紹介します。

【書籍名】
国際標準化入門 やさしいシリーズ12
著者:奈良好啓 発行:日本規格協会


【目次】
1.国際標準化入門Q&A
2.標準化とは
3.規格の種類
4.国際規格と国家規格の相違と一致
5.国際標準化組織
6.標準化の国際会議見学
7.国際標準化の進め方
8.国際標準化の対象
9.国際規格の使い方
10.国際標準化に係わる世界の動き
11.これからの国際標準化
12.国際標準化への心構え


【感想】
本書は仕事上、ISOの勉強をしたいと思い
手に取りました。

「やさしいシリーズ」と書いている通り
比較的分かりやすかったです。

ただ文体が少し固く
教科書っぽいのが気になりました。

もし私のようにISOやJISなどの
概要を把握したい人には
良いテキストと思います。


【気になったフレーズ】

■「標準化」とは?
 ・いつも決められた方法で作るようにできるようにすること
 ・存在する問題に対して、適切な秩序を得ることを目的とし
  誰もが共通利用のできる、また、繰り返ししようするための
  規定を確立すること
 
■規格の違い
 国際規格: 世界中で通用する規格 (例:ISO)
 国家規格: 国内でしか通用しない規格 (例:JIS)

■言葉の区別
 スタンダード: 以下の3つを総称したもの
   標準: あることを比較、決定する時に必要な基礎
   基準: スタンダードの原点に相当
   規格: 性能や仕様を規定するのに必要な決まり

■スタンダードの例
 標準時間、基準子午線、JIS規格 など

■規格化の目標
 1:多様性の調整
 2:二者の両立
 3:相互の互換性

■規格の種類

 1)国際規格
  ISO 国際標準化機構
  IEC 国際電気標準会議
  ITU 国際電気通信連合
 2)地域規格 
  EN 欧州標準化委員会
 3)国家規格
  ANSI 米国規格協会
  JIS 日本工業標準調査会

■規格の内容による分類
 ・基本規格
 ・用語規格
 ・試験方法規格
 ・製品規格
 ・方法規格
 ・サービス規格
 ・インターフェース規格
 ・提供されるデータの規格

■規格の水準による分類
 ・国際規格
 ・地域規格
 ・国家規格
 ・地方規格

■世界で普及している規格の例
 ISO9000 品質マネジメントシステム規格
 ISO14001 環境マネジメントシステム規格

国際規格にある2つの種類
 1:デジュール・スタンダード(公的標準な規格)
 2:デファクト・スタンダード (実質上の規格)
   ⇒例 Windows-OS、VHSなど

■マーク制度による保証
 ・JISマーク制度(日本工業規格)
  ⇒国家規模でのモノの品質保証
 ・CEマーキング制度(欧州連合) 
  ⇒EU地域内でのモノの安全性能保証

 
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。