1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、

 写真を使って描く

という絵画法の本を紹介します。

【書籍名】
写真を使って描く
著者:千葉康之 発行:MPC

写真を使って描く

【目次】
■はじめに
■完成までの手順(不透明水彩)
■写真を用意しよう
 カメラの種類
 撮影のポイント
 写真の利用法
■描いてみよう
■あとがき
■著者略歴


【感想】
最近、ふと絵を描きたくなったのですが
正直、下絵を描くのが下手なので、
引け目を感じてました。。。

その時に、写真を使ってトレースするという
私の感覚からすれば、”禁断の画法”が
書かれていたので、ついつい手にとった次第です。

確かに、これだと個人的に絵画を楽しむには
気楽でいいですね。
早速試してみます♩

【気になったポイント】

■写真を使った絵の描き方

 1)写真を用意し、コピーを撮る(白黒/カラー)
   必要に応じ、拡大コピーを撮るようにする

 2)コピー用紙の裏に、鉛筆やコンテなどで
   紙一面を真っ黒に塗りつぶす

 3)裏面を黒く塗ったコピー用紙を上に
   画用紙を下に重ね合わせる

 4)上のコピー用紙の写真を元に
   ペンでなぞる。
 
 5)なぞり終わったら、
   フィキサチーフで定着させる
 
 6)トレースしたものに彩色する  

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。