1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、田坂広志氏の

 使える弁証法

をレポートします。

【書籍名】
使える弁証法
発行:東洋経済新聞社 著者:田坂広志
使える 弁証法



【感想】
この本は、以前平秀信氏が
推薦本として紹介してあったので
気になり、今回読んでみました。

そもそも、「弁証法(べんしょうほう)」とは何かと言うと

 哲学の用語で、現代において普通にいわれるときには、
 ほとんどがヘーゲルやマルクスの弁証法を意味し、
 世界や事物の変化や発展の過程を本質的に理解するための方法、法則とされる
 (ヘーゲルなどにおいては、弁証法は現実の内容そのものの発展のありかたである)。
 ※Wikipediaより引用

ということです。

イマイチ意味が分かりませんが、
本書では、ヘーゲルの弁証法を元に
5つの法則を紹介しています。

そのうちの代表的な法則として

 「ものごとは、螺旋(らせん)的に発展する」

ということが説かれています。

つまり、

 物事の進歩や発展は、
 既存の価値に、
 新たな価値を付け加えた形で進化する

ということのようです。

具体例としては、

 オークション(市場での物品売買⇒ネット上での売買)
 ギャザリング(生協を通じた共同購入⇒ネット上での共同購入)
 自律学習(寺子屋⇒Eラーニング)
 手紙(手書きの文(ふみ)⇒Eメール)

というのが書かれています。

つまり

 社会や市場や企業が進化するとき
 「便利になった懐かしいものが、復活してくる」

という現象が起こることを述べています。


このことをベースに、物事を発想すると
あらたなアイデアが創出できるようです。

これ以外にも残り4つの法則が書かれています。

あなたも、これら計5つの法則を駆使し
アタマの体操を兼ねて、アイデアを考えてみては
いかがでしょうか?

もしかしたら、
新たなビジネスを生み出せるかもしれません!?


【気になったフレーズ】 

ヘーゲル弁証法を使うための5つの法則

 1)「事物の螺旋的発展」の法則

  ⇒物事の進歩や発展は、
  既存の価値に、
  新たな価値を付け加えた形で進化する

 2)「否定の否定による発展」の法則


 3)「量から質への転化による発展」の法則

 4)「対立物の相互浸透による発展」の法則

 5)矛盾の止揚による発展の法則
  ⇒すべての物事にはその内部に矛盾が含まれているが
   その矛盾こそが物事の発展の原動力となっていく。
   そしてこの矛盾を機械的に解消するのでなく
   それを弁証法的に使用したときに、物事は発展する

  ⇒矛盾のマネジメント
   ・割りきらない
   ・振り子を振る

■「弁証法」を知るとが身につく力

  1)世の中の変化の本質が分かる「洞察力」
  2)世の中の変化の未来が見える「予見力」
  3)「対話力」
   ⇒ただ対話するだけで自然に思考が深まっていく
    ものごとの本質が見える力

   ⇒そもそも「弁証法」はギリシャ時代に「対話の方法」として生まれた物
    この弁証法を用いたのは、哲学者ソクラテス
    ソクラテスは真理の探求法として「対話」を重視。
    「対話」を通じて互いの思考を深め心理に到達する方法として
    弁証法を用いた。

   ⇒弁証法は単なる「討議(ディベート)」や「議論(ディスカッション)」とは
    全く異なった方法

   ⇒具体的には
   「正(テーゼ)」「反(アンチテーゼ)」「合(ジンテーゼ)」
   による思考の深化
 
  ※1人が語った意見(正)に対して、
    もう1人がその反対の意見(反)を語り
    それぞれの意見に基づく対話を通じて、
    2人が共に2つの意見を包含し、統合し、止揚した、
    更に深い理解(合)に到達する方法
スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。