1. 無料アクセス解析
ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今回は、あのトム・クルーズも師事したという
L.ロン ハバード氏の

 学び方がわかる本

をレポートします。

【書籍名】
学び方がわかる本
著者:L.ロン ハバード
学び方がわかる本―勉強は楽しい!!


【目次】
■勉強するということ
■勉強の方法
■勉強の障害
 1)いちばん重要な障害 誤解語
 2)他の障害 マスがないこと
 3)もうひとつの障害 段階の飛び越し

【感想】
本書は、あまり勉強をしたがらない我が子に
どうすればより勉強に興味を持ってもらえるかと思い
手に取りました。

本書はイラストが中心なので、スラスラと読め
30分もあればひと通り読めます。

本書のポイントは、勉強するにあたっての
以下の”3つ障害”をどう克服するかだと思います。

1)誤解語(ごかいご)

 ・言葉をきちんと理解していないもの
 ・言葉をきちんと理解してないため、そこがネックとなり
  いまいち理解しきれず、結果、勉強したくならない

  ⇒これを克服するには、「誤解語」を辞書など調べ理解する

  ※「英単語」は良い例だと思います。
   その単語が分からないので、いまいち全体訳が分からない。 


2)マスがないこと

 ・つまり対象物をきちんと理解できていないこと
 
 ⇒これを克服するには、「対象物を実際に見てみる」「絵を書いてみる」など

 ※たとえば”volcano(火山)”という英単語がわからない場合、
  実際に「火山の写真を見たり」「火山の絵を自分で書いてみる」ことで
  文字としてでなく”視覚”や書くこと”で定着させることと思います。


3)段階の飛び越し

 ・つまり何かを覚える場合、自分が理解できる順序で覚えていく。

 ⇒これを克服するには、わからないことがあれば、前に戻って、そこからやり直す

 ※たとえば英語でうまく話せない場合、発音や難しい単語を覚える前に
  「基礎的な単語を覚える」「代表的な会話例文を覚える」などして
  あらかじめ基本を抑えておくということかなと思います。
  もしくは興味のある分野から覚えていく。


これらをすっ飛ばしてしまい、先に進ませていたので
子供たちもあまり勉強に興味持てなかったのだと思います。

なので、我が家の場合、
子供の苦手とする「国語」では
どこでつまづいてしまってるのかを
探し当てて見たいと思います。

そして、つまづいている箇所で

 ・誤解(理解しきれていない)語がないか?
 ・その語をきちんとイメージできてるか?

などを確認していきたいと思います。
スポンサーサイト




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ビジネス書&自己啓発書 自腹de読書感想レポート, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。